抗がん剤

スマホ痩身エステ > 健康 > 抗がん剤

抗がん剤

2018年2月 5日(月曜日) テーマ:健康

抗がん剤はガンを治すわけではありません。 

ただ進行をおくらせるだけです。   

抗癌剤の治療効果は20%程度というのが、臨床試験の段階で出ているんです。

しかも、これは完治ではなく、腫瘍が小さくなるという効果でしかないんですね。

薬が合う⼈がいれば当然もっと⾼い効果を臨めるでしょうが、抗がん剤で完治するという例はほぼ0に近いんですね。

ガンを治すのは抗がん剤ではなく、あくまでも⾃⼰治癒⼒なんです。

自己治癒力を高める→ 荒木式がん対策の評価を見る

また、特に髪の毛と胃や腸などの消化器官の粘膜部分は細胞分裂が活発なんです。

それを抗がん剤に⽌められてしまうので、抗ガン剤を使うと髪が抜け落ちて

ハゲてしまい、消化や吸収ができずに⾷べ物を受け付けなくなって嘔吐を繰り返すわけです。

そういった症状は副作用って呼ばれてますけど、抗癌剤自体がそういう薬として作られている結果なわけですから、副作用じゃないんですね。

むしろメインの主作用なわけです。

逆に脱毛や嘔吐などの一般的に副作用と呼ばれる症状がなければ、抗がん作用も全くないわけです。



関連記事

10年以上喘息に

10年以上喘息に

2018年3月19日(月曜日)

抗がん剤

抗がん剤

2018年2月 5日(月曜日)