子供の視力検査は親がやろう

スマホ痩身エステ > 視力 > 子供の視力検査は親がやろう

子供の視力検査は親がやろう

2018年5月 6日(日曜日) テーマ:視力
視力と聞くと何を思い浮かべますか?一部分が欠けたランドルト環、視力の剣合表を指し示す人、このようなことを思い出す人も多いのではないでしょか。
実際に日本で行われている視力検査はだいだいこんな程度です。
ですが、学校や職場などで行われているものでは、本当の意味での視力を測定することはできません。
これは普段の生活を考えてみれば分かると思います。視力検査のように少し遠くの一点をジーツと見つめて過ごす時間は、1日のうちにどれくらいあるでしょうか。
よほど特別な勉強や仕事をしていr人でなければ、殆どが10分以下の筈です。
目はだいたいキョロキョロしてしているもので、テレビを見たり、本を読んだりしている時でさえ一点をジーツと見つめているわけではありません。

このことからも分かるように現在、一般的に行われている視力検査では、日々の暮らしではあまり必要値としていない目の機能を測定しているのに過ぎないと言えるのではないでしょうか。
数メートル離れている動かいものを見る、これだけでは本当の視力は分からないのです。
その為、子供の視力は学校任せにしないという意識が大切です。

そんなこともあり、私が子供にやらせているのが、小中学生児童を中心とする2161人が視力アップした楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付きです。
プロの専門家のサポート付きで、高額なお金をかけることなく自宅で視力回復センターと同等の効果が期待出来ます。

学校はあくまで文部科学省の指示で義務で行っており、先生が行った身体測定の結果を報告するだけです。
そして、すれを学校保健統計調査として公表して、それでおしまいで、子供の視力回復させるためにたっているのではありません。
あくまで公表資料を作るだけです。
そして、その結果を持って、校医の眼科に行くことになつていますが、眼科も子供の目を良くしようとはしません。
つまり、この中には誰も子供の視力を回復させようという人は誰もいないのです。
子供の視力を何とか良くしたいと思うなら親自身が視力測定をしてあげて下さい。